ご利用に関して トイプードルのお手入れ

自宅でのシャンプーは、3ヶ月目のワクチンが終わり、その後2週間ほどたってからはじめるとよいでしょう。

トイプードルの健康管理について

仔犬は、母乳によって免疫力を譲り受けます。しかし、2ヶ月ぐらい過ぎたころから徐々に免疫力が低下していきます。それを補うためにワクチンを接種します。
ワクチンを接種していても、ストレス・緊張などが原因で、体調を崩すことがあります。例を挙げれば、食欲不振・下痢・嘔吐・鼻汁・血便・回虫(便に虫)などの症状が出ることがあります。そんな時は、すぐに行きつけの病院に行きましょう。
日常、よく観察することは病気等の早期発見に繋がります。またコミュニケーションにも役立ちます。

トイプードルの食事について

仔犬の時期、特に4ヶ月ぐらいまでは餌をお湯又は粉ミルクでふやかして与えましょう。4ヶ月以降は乳歯が抜ける時期でもありますので、ドライフードのままでも食べるようであればそのままでもかまいません。
仔犬のうちにしっかりと体を作っておくことはとても重要です。1日3回以上に分けて与えましょう。1回分の目安として、頭の大きさ分ぐらいとよいと思われます。
食事の量は、与えすぎた場合は便がゆるくなります。また少なすぎる場合硬い便になります。ウンチを見て量を調節しましょう。ウンチを見ることは、健康のバロメーターにもなります。
食事を与えて20分ほどしても食べない場合、いったん下げましょう。だらだらと食事をさせないためにも重要になります。投げて与えたりすることも拾い食いの癖にも繋がりますのでしないほうがよいでしょう。
人間の食事をほしがっても与えてはいけません。ねだればもらえると思い、自分の餌を食べなくなります。仔犬の時に身についた習慣はなかなか治りません。

トイプードルの食べさせてはいけないもの

イカ・エビ・タコ・カニ・香辛料・ネギ・タマネギ・チョコレート・加熱した鳥の骨・牛乳・貝類等は中毒を起こし、死にいたる危険がありますので絶対に食べさせないようにしてください。

トイプードルのワクチンについて

通常生後2ヶ月目・3ヶ月目にワクチンを接種します。当犬舎では2ヶ月目に5種混合ワクチンを接種し、お客様にお渡ししています。その際に、ワクチン接種証明書をお渡ししますので、2回目のワクチン接種を動物病院等で行ってください。また、病院によってはワクチン接種を3回することを推奨しているところもあります。

フィラリアについて

フィラリアとは蚊の媒介によって心臓にフィラリア虫が寄生する病気です。1年目の夏をすごした犬の9割はフィラリア虫が寄生しているといわれています。予防せずに数年を経て末期症状になると、血液の循環が阻害され、腹水がたまり、咳が出ます。最悪の場合は死に至る恐ろしい病気です。
仔犬のころから毎月薬または、注射で予防することにより、100%予防できる病気です。また始める時期は地域によって異なりますので動物病院等で相談してください。
またフィラリアに感染している場合、薬を飲ませたときショック死してしまうことが稀にありますので動物病院等で必ず相談されてから投与することをお勧めいたします。

熱中症について

夏場の道路などアスファルトが熱くなっている日中はさけ、朝や夕方などの涼しい時間帯にお散歩に出かけるようにしましょう。舌を出してハァハァするしぐさが見られた場合、お水を与えるなどして体を冷やしてあげてください。

green
Copyright© 2016 エアーズロック舎 All Rights Reserved.